グリーントラベル経営理念

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセプト

グリーントラベルは、「笑顔」をもって「誠実」に対応するよう心がけております。
 旅行会社が貸切バスを所有するなど従来の旅行業のあり方に変革を与えて、よりお客様に信頼される企業を目指しております。
 多くのお客様が、弊社に満足していただけるようスタッフ全員で頑張ってまいりますので、これからもグリーントラベルをよろしくお願いいたします。

■グリーントラベルの経営理念

 グリーントラベル、従来の旅行業のあり方に変革を与え、バス事業との融合によって、より顧客に信頼される企業を目指します。

 グリーントラベルは、「プロ」として自覚を持ち、「笑顔」をもって常に「誠実」に対応いたします。

 グリーントラベルは、生きがいをもって働くことが出来る会社を「社員全員」で目指します。

グリーントラベルの【貸切バス】の料金は、なぜお値打ち(格安)なのですか?
貸切バスの新「運賃・料金」が、平成26年(2014年)から国土交通省から公示されました。これは、平成24年(2012年)4月に発生したツアーバス事故等により貸切バス市場の問題が浮き彫りになり、貸切バスの安全性向上を図る一環として貸切バスの運賃制度が抜本的に見直され、安全と労働環境改善コストを反映した制度となったものです。改訂内容は、これまでの運用と異なり、バス代の内訳はキロ制運賃時間制運賃、交替運転士配置料金と、深夜料金、その他の実費と消費税を加算した額が総額となります。

<新運賃のポイント>
★ 「運輸局に届け出た運賃を下回る(以下ではなく未満)運賃を収受することは禁止」
★ 「運輸局が公示した下限運賃を割らない運賃を届け出た場合には運輸局は審査をしない」

  したがって、公示下限運賃が高いということであれば、下限割れで運賃変更の届出をし、 原価計算書から安全運行できることが分かれば、国土交通省は、より安い運賃を認めることになります。グリーントラベルの貸切バスの料金表(http://www.greentravel.co.jp/group/green-bus-info.htm)は、 この新運賃の下限料金をベースに料金表を作成しているので、お値打ちなのです。しかし、料金表を作成する上で、問題が発生いたしました。問題とは、新運賃制度では、貸切バスを「大型バス」、「中型バス」、「小型バス」の3つに分類している点です。グリーントラベルの「ミニバス」、「マイクロバス」、「小型サロンバス」は、すべて「小型バス」に分類されるので、 すべて、下限運賃が同じになってしまいます。こんなおかしな話ですよね。 そこで、グリーントラベルは、愛知運輸支局に、貸切バスの運賃の変更の届け出をしました。
 国土交通省が、貸切バス運賃の下限金額を決定して、この運賃以下で販売を禁止するものですが、この運賃では高すぎ
と言うことで、グリーントラベルは原価計算書を作成して、もっと安く運行出来ることを証明いたしました。
貸切バス業者で、愛知県・三重県で、届け出をだした会社は、2014年7月現在で、まだないので、 グリーントラベルのマイクロバス・ミニバスは、「合法的」に、現在のところ「最安値」なのです。
グリーントラベルの貸切バス運賃表は、 http://www.greentravel.co.jp/group/green-bus-info.htm

The following two tabs change content below.
グリーントラベルは、運転手付き,貸切バスの予約センターです。名古屋 など 愛知県,四日市 桑名 鈴鹿 など 三重県出発の 貸切バス は グリーントラベルへ